冷え症

 

年齢、性別関係なく増え続ける冷え症

 

「手足が冷たい」「身体が温まらずなかなか寝付けない」など、冷えを訴える人は多いです。

「冷え症」の人口は、想像以上に多く、日常生活にも支障をきたす重症の方も少なくありません。

特に我々の住む新潟は寒い地域でもあるので他県より来院数は多いです。

 

冷え症の悩みは「手足が冷たい」というだけでなく、「関節が痛い」「手足がしびれる」「肩がこる」など、さまざまな症状になります。

女性の7割近くの方が冷え症に悩んでいるといわれますが、最近、男性も同じような症状を訴える方が増えてきております。

生活環境の変化からか、子供の冷え症までも出てきており、冷え症は年齢、男女、関係なく広がる傾向があります。

 

女性に冷え症が多い理由とは?

1.女性は筋肉量が少なく、脂肪が多い。

人の体温は、4割以上が筋肉によって作りだされており、その筋肉が男性よりも少ない女性は、熱をつくりだす力も弱くなってしまいます。
脂肪は、温まりやすく冷めやすいですが、いったん冷えてしまうと、なかなか温まらないという性質を持っています。

こうしたことから女性は、冷え症になりやすいのです。

 

2.女性ホルモンの一つである卵胞ホルモンは、熱をつくりにくい。

生理が始まって排卵期までの卵胞ホルモンの分泌が盛んな間、女性は低温期になります。

更に、生理の時は、血液を失うことになりますので、貧血になりやすく、酸素や栄養素が運ばれにくく、新陳代謝が悪くなり「冷え」につながります。

 

男性の冷え症も深刻!?

男性の冷え症は数が少ないのですが、一度なってしまうと、その症状は女性よりもさらに顕著に現れます。

自律神経の乱れからくる肩こり、頭痛に始まり、何をしてもやる気が出ない、腎臓機能が低下、精力減退などの症状が起こります。

放置すると、症状はさらに悪化し、日常生活にも支障をきたすようになります。

 

「冷え症」とは?

室温が常温の状態で、20~30分間、普通にしていて、手先、足先が冷たいと感じる状態をいいます。

外の気温が低い時に、室外で手先、足先が冷たく感じる状態は、冷え症ではありません。

外気温、室温が高い夏に冷えを感じるのは、冷え症(冷房病)です。

 

冷え症の原因

・貧血
・低血圧
・低体温
・基礎代謝が低い
・体水分量が多い
・アレルギー体質
・栄養の偏り
・自律神経失調の乱れ
・婦人科系疾患
・ストレス
・身体が酸化状態にある

こうした傾向に直接的に身体が冷えるという事実が加わります。

「寒い」「冷たい」経験をされたことがあると思いますが、これが何回か繰り返されると、身体は少しの寒さに対しても、過剰に反応するようになります。

末梢血管をとりまいている自律神経が刺激され、毛細血管の血行を減少させて体温の拡散を防ごうとします。これがいわゆる「冷え」の状態です。

冷え症とは、寒い状態が繰り返され、それにより寒さに身体が敏感に反応し、自律神経が緊張を起こして末梢血管を収縮させ、血行不良になり、起きてしまうのです。

 

冷え症は、夏につくられる!?

冷え症は、寒くなりはじめてから、突然なるわけではありません。

夏の暑さが年々厳しくなっていると感じませんか?

 

暑い夏を快適に過ごすためにエアコンは必須ですが、エアコンを付けると建物の中にいるあいだは汗をかくことなく過ごせます。そして眠る時も同じです。

ところが、この快適なエアコンが秋口の「冷え」の原因にもなっているのです。

冷房による冷えは、身体のなかに残り、下腹部の鬱血を招き、手先足先への血流を悪くしてしまいます。その血行の悪さが、秋口に「冷え」という症状として現われてくるのです。

 

冷えで血液の緊張、収縮がうまくいかなくなると、自律神経はバランスを崩し、気がつかないうちに「冷え症」の入り口に足を踏み入れてしまうことになるのです。

職場環境を見ても、スーツ姿の男性と違い、薄着の女性が、同じ温度設定の室内で耐えられるはずはありません。しかし、そのために何か特別なことをしている女性は意外と少ないのです。

冷え症が夏につくられることを知り、その時期から冷え症対策をしていれば、冷え症の悩みから解放される人は多いはずです。

 

「冷え」は科学的に分析できます。

「冷え」は科学的に分析できます。例えば、サーモグラフィーを使うと、身体のどの部分がどのくらい冷えているかが一目瞭然にわかります。

冷え症の実態をつかみ、それに合った対策をするために、検査してみてはいかがでしょうか?

こうした検査が冷え症対策を見つけるヒントになります。

1.皮膚温度測定
身体の数ヶ所の体表温度を測定(サーモグラフィー、皮膚温度計を使用)

2.深部温度測定
身体の深部(内臓の温度)を深部温度計で測定

3.体水分量の測定
体水分量計で測定

4.血流量測定
血流計で100グラムの組織に1分間に流れる血流量を測定

5.加速度脈波測定
血管の柔軟性の測定(血管年齢の測定)

6.皮膚PHの測定
皮膚表面のPHを測定することにより、体内の酸化、アルカリ化を測定

7.基礎代謝量
基礎代謝計で測定

8.人体電位の測定
人体電位計で身体の静電気の帯電量を測定

9.セルライト測定
接触型サーモグラフィーでセルライトの有無を確認

10.自立神経機能の測定
自立神経機能測定器で測定

11.脳波の測定
簡易型脳波計でストレスの度合いを測定

12.毛髪検査
毛髪(0.2グラム)を取り専門機関に依頼し、身体の含有ミネラル量や有害物質の含有量を測定

13.提携病院にて甲状腺ホルモンの検査

 

冷え症は改善する?

冷え症は、高い確率で改善します。

対策を誤ったり、知らなくて、冷え症の悩みを抱えたまま、諦めている方も多いようですが、しっかりした対策をとれば改善します。

ただ、正しい対策をしていないとかえって悪化する場合もありますので、注意が必要です。

 

冷え症を改善したら、腰痛、肩こりも解消される?

社会的にも問題になっている「冷え症」ですが、専門の研究機関や医療機関は多くありません。

冷え症は、西洋医学では病気としてとらえるのではなく「体質」として考えられ、東洋医学では、漢方薬や鍼灸を中心に治療が行なわれてきました。

現在でも「冷え症」についての研究はあまりされておらず、諸説が存在しております。

 

自分が冷え症だとしても、どこに相談に行ったらよいのかわかりませんし、自己流で対策を考えるしか方法がありませんでした。

私が冷え症に着目したのは、腰痛や肩こり、頭痛、関節痛、といった症状に悩まされている人たちの治療を通してのことです。

施術しても改善があまりみられない患者様に共通していたのが「冷え症」でした。

そこで、この冷え症に着目したところ、多くの患者様が改善しました。

 

冷え症の放置は危険です。

「風邪は万病のもと」とよく言われますが、冷え症も風邪と同じくらい万病のもとになります。

足が冷たい、手が冷たいというだけではなく、治療をしても改善されない腰痛や肩こり、関節痛は、冷え症が原因になっていることが少なくありません。

腹部の冷えから、女性では子宮や卵巣が異常を起こして、生理痛や生理不順が起こしたりします。

疲れ、だるさなど、冷えからくる症状は千差万別で、原因が絞りこめず、悩みを抱えたまま過ごしている方が多いのが実情です。

まずは自分の身体の状態をきちんと把握して、それに応じた対策をとることが大切でしょう。

 

間違いだらけの冷え症対策!

冷え症の方は、普段どんな対策をしているのでしょうか?

冷えている部分を温めて、冬は靴下を重ね履きして、足湯して・・・。
冷えている部分を温めることは、基本的に間違いではありませんが、靴下の重ね履きで足を締付けてしまうと、その部分の血行は悪くなり、冷えを増長させてしまいます。

足湯は一時的には気持ちのいいものですが、すぐ冷え湯冷めの状態をつくってしまうので、冷え症の解決にはなりません。
このように、間違った対策法では冷え症を克服することはできません。

 

意外に簡単!?冷え症対策

冷え症は、自分に合った対策法さえ見つけることができれば、自宅で簡単に行なうことができます!
毎日つづければ、3週間前後で改善します。

そのためには、自分がどんなタイプの冷え症なのかを知り、自分に合った対策法を実行しましょう。

毎日の生活で、つづけていくことはたいへんかもしれませんが、当院では、簡単でつづけやすい対策法をご紹介します。

 

全国冷え症研究所情報

全国冷え症研究所において、5年間の修行をさせていただいた経験を元に、雪国にお住いで辛く困っている人をより多く治療をしています。

 

まこと整骨院による冷え症治療

世界特許を取得した足・腰・肩を温める機械が備えて有り、冷え症はもちろん妊婦さんにもおすすめです。

他にも体を温める機械は、高周波を発生させる超短波が4台、充電式の湯たんぽが万病のもとである「冷え」から解放してくれて自律神経の安定へ促します。

 

「改善したい」と決心をすれば、冷え症は改善できます。

施術メニュー

 

対応症状 ムチウチ、肩こり、腰痛、ひざ痛、はもちろん!
ぎっくり腰、ヘルニア、脊柱管狭窄症、肌荒れ、むくみ、冷え症、血行不良、便秘、ダイエットのサポート、だるさ、頭痛、眼精疲労、集中力低下、他(保険適応:骨折・脱臼・打撲・捻挫に限ります)
オプション 酸素カプセル 60分 3,000円 (ホームページを見た方は割引します。)

 

施術を受けられて、満足いく結果でなかった場合、来院いただいた日の施術料は全額返金致します。
まこトレ:0120-15-3022

予約フォーム

「はい、まこトレ整体院です」と出ますので、

 

新潟県南魚沼市 石打インターすぐ前

 

 

 

 

LINE予約


Googleマップへ

Appleマップへ